SDシリーズの新ブランド「MGSD」フリーダムガンダムを制作レビュー♪SDなのに可動ギミックがすごい。

オススメ
スポンサーリンク

ど〜も よっし〜です。

今回は、2023年1月に新発売された新ブランド「MGSD」フリーダムガンダムを紹介。

SDシリーズにMGの技術が入った商品なので、楽しめるキットになるかと思います。

・素組みでも十分に楽しめるキットをお探しの方。

・細かいクオリティのキットをお探しの方。

・比較的に手に入りやすいキットを探している方。

では、いく〜

開封

今回のキットは価格は4,290円。SDとしては高いという声もありましたね。

普通にMG買える値段、、、。

さてさて、新ブランドのランナーはどんな感じか楽しみ♪

中身はこんな感じになっていました。

そして説明書が、かっこいいので思わず撮影してしまいました。

ランナー数は説明書より。

MG要素もあるので、ランナー数も作りごたえがあります。

少し特徴のあるランナーを紹介します。

メタリックなパーツもあり。

キレイなクリアパーツも使用されています。

デカールも細かくて量がある印象。

作りごたえ、貼りごたえがあります。

制作開始

今回も組み立てる前に塗装をしようかと思います。

他のキットで使用予定でしたが、使ってみます。

プラスチック感がなくなりキレイな感じに仕上がったと思います。

外装パーツは置いて、内部フレームから制作します。

頭部。

メタリックパーツとクリアパーツの組み合わせが、いい表情になりますね。

被せると少ししかメタリックパーツが見えないので、もったいないな〜。

まずは、すべての内部フレームを制作していこうと思います。

このキットは、ちょこちょこ突起に合わせて組み合わせるものがあるので、そこは注意が必要かなと思います。

上半身はこんな感じに仕上がります。

MG要素が入っていますね♪メカニック感が伝わります。

内部フレームの完成

本体の内部フレームのみで制作してみました♪

側面。

背面。

内部だけでも楽しめるキットになっていますね。

いくつかポージングもしてみました。

もちろん、膝立ちも可能。

各関節が良く動いてるのが、よく分かる写真になりました。

ボクシングスタイルも決まってる♪

外装パーツ装着

外装パーツは色分けがしっかりされているので、そのままでも楽しめる♪

側面。

背面

フリーダムと言ったら翼ですね。装着するとこんな感じになります。

 

側面。

背面。

バックパックは重さがあるので、のけぞってしまうのはしょうがないですね。

外装パーツを付けても、可動域が良い。

膝立ちが普通にできてしまう♪

また、各部位も細かく可動します。

肩の部分になりますが、前方により前に可動する仕組みになっています。

足の部位もスライドして、可動しやすくなっています。

肩パーツも細かい部分もしっかり可動♪

スタンドにつける穴も隠してあるため、この部分もいいところ。

最終仕上げ

デカール貼りは、細かい所がけっこうありましたので時間がかかりました。

トップコート(つや消し)で仕上げるとこんな感じになります。

情報量が増えて、かっこよくなった印象。

側面。

背面。

シールなので少し、汚くなってしまうので貼り直しは注意が必要。

アクションポージング

MGの技術が入っているので、可動域があるので楽しく遊べます♪

アクションベースを使用するのも、オススメ♪

サーベルもけっこう長さがあります。

最後にフルバーストでキメる♪

フルバーストはいろいろ動かしたので、時間が少しかかりました。

おわりに

組み立て時間は、3時間くらいで仕上がると思います。

デカール貼りは、細かいのでよく見ながら貼り付けた方がいいですね。貼り直しするとシールが丸まったりと、難しかったです。

また、最後にウイングパーツの向きも気をつけてください。私は最後の最後で気づいたので分解して組み直しが大変でした。

再販も繰り返ししているので、手に入りやすいかと思います。私もSDサイズはあまり買いませんが、今回のキットは作っていて楽しいキットになりますので、手にとってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました