RGシリーズを紹介。細かいキットでも以外に組み立てやすい♪RX-178 ガンダムMk-II(エゥーゴ仕様)を紹介していく〜♪

オススメ
スポンサーリンク

・ガンプラに興味のある方

・RGシリーズに挑戦しようと考えている方。

・このキットに興味のある方。

そんな人達に向けて記事を書いています。参考になれば幸いです。

では、紹介していく〜♪

RGとは

「本物であること」を追求し、緻密なパーツ構成や質感表現を実現。

モビルスーツを作る楽しみと興奮を1/144スケールに凝縮したブランド。

開封していく〜

今回のキットは、2012年05月12日に発売されたキットの再販になります。

価格は、2750円

中身はこんな感じになります。

RGは細かいのでデカールの貼る部分もたくさんあります。

それでは制作を開始していきます。

制作

最初に内部フレームから制作していきます。

一見、内部フレームの制作が難しい感じがしますが、ほぼランナーから外して説明書どおりに動かせばだいたいできているフレームなので、けっこう簡単です。

すこし手間となるのが、各部で取り付けないといけない動力パイプとかが面倒なくらいですね。

脚部制作。

少しデカールを貼り付けたりします。

下半身部分の完成。

腕部の制作。

腕部のフレームについても、向きに注意しながら動かせば完成するので、簡単です♪

胴体部分。

上半身の完成。

上半身と下半身のフレームを合わせるとこんな感じになります。

背面はこんな感じになります。

武装類の制作もしていきます。

手首パーツもいくつかあります。

外装パーツの取付もしていきます。

すべての外装パーツを取り付けていくと、この仕上がりになります。

素組みの完成♪

ガンダムのアンテナ部分が細いので折れる心配があったので、頭部は一番最後に制作しました。

武装類も組み立てています。

このままでも十分かっこいいですが、付属のデカールを貼り付けていきたいと思います。

最終仕上げ♪

RGシリーズはデカールの数が多いので、根気が必要となります。

貼り終わったあとは、見違えるような出来栄えになります♪

ちなみに、腰にバーズカを取り付けることができます。

せっかくなので、いくつかポージングをしていきたいと思います。

アクションポージング

今回のキットは、膝立ちも可能。

脚部関節もよく動くので、ポージングしやすいと思います。

おわり

今回のキットは、可動域もよくバランスもいいのでポージングを決めやすいかと思います。

一部、作りにくい(動力パイプ)部分はありますが、内部フレームもほぼできているので、ストレスなく組むことができます。

気になる部分は、盾を持たせた腕は少し重さで下がってしまうのが気になるくらいでした。

価格もそこまで高くないので、HGの次のステップとしてチャレンジしてもいいかも♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました