30MM 1/144 eEXM GIG-R01 プロヴェデル(type-REX 01)を制作していく♪30MMシリーズでは大型キット、恐竜みたいなスタイルにも変形できる。面白いキット♪

オススメ
スポンサーリンク

・プラモデルを始めようかと思っている方。

・難しいキットより簡単なキットから作ってみたい方。

・30MMシリーズが気になっている方。

・このキットに興味のある方。

そんな人達に向けて記事を書いています。参考になれば幸いです。

では、紹介していく〜♪

開封

今回のキットは、2023年7月29日に発売されたキットになります。

価格は、¥4,400(税込み)

今でも量販店で売っているので手に入りやすいキットかと思います。

また、割引で安く買えるところもあるかも。

早速、中身を見ていきましょう。

パーツがそこまで細かくないので、組みやすそうです。

説明書の中身も良かったので撮影。

こんなにキットがあるとは知らなかったですね。私は2、3個作ったくらいでした。

ランナー同士も切り離せるようになっているので、細かくしてゴミに出せるのがありがたい♪

それでは、部分ごとの制作をしていこうと思います。

製作開始♪

頭部パーツ。

ヘッドパーツもパーツが少ないので簡単に組むことができます。

胸部部分。

胴体部分が伸びる構造になっているので、他のキットが搭乗できるってことですね。

組み上げるとこんな感じ。

腕部制作。

手のパーツは握りてと開きパーツがあります。

腰部パーツの制作。

ここまで特に難しい部分もないため、簡単に組み立てができます。

脚部制作。

足の部分が三点で支えるやつなので、バランスが少し心配。

尻尾の制作。

一通りのパーツの制作が終了しました。

並べるとこんな感じ。

素組み完成

パーツを組み合わせるとこんな感じになります。

側面。

背面。

全高は200mm以上あり、幅も尻尾があるので結構場所を取るかも。

尻尾もついているので、安定感はありますね。

これから、最終仕上げをしていこうと思います。

最終仕上げとアクションポージング

このキットにはシールも付属していますが、水転写式デカール(別売り)のものを買ったのでそれを使用したいと思います。

キットの付属シールはコチラ。

今回使う水転写式デカールはコチラ。

今でも¥600くらいの、割引で購入可能です。

水転写式デカールを貼り付けて、トップコート(つや消し)をして仕上げるとこんな感じになります。

側面。

背面。

他の30MMを搭乗できるキットになっているので、やってみたいと思います。

のせかたは、こんな感じにします。

本体に取り付けるとこんな仕上がりになります。

ロボットがロボットを操作している感じになりました♪

なかなかこれもいいですね。

・REX MOOD

恐竜みたいな感じに変形できるので、やってみました。

こんな感じになります。

口っぽいところが開閉するので、吠えている感じにもできます。

また、首のところも載せられそうなので、試しにやってみました。

スピナティオ将軍が載ると強そうに見えますね。なかなかカッコいい。

いろんなポージングで楽しめますね。

おわり

今回のキットは少し大型キットにはなりますが、作りやすいキットでした。

また、変形もできるのでポージングの幅も広がると思います。

手に入りづらいキットではないので、作ってみてはいかがでしょうか。

せっかくなので、普通サイズの30MMのキットを買って載せてみては〜♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました