ガンプラを作る♪バンダイ PG 1/60 MS-06F 量産型ザクIIを制作、その存在感と達成感。

オススメ
スポンサーリンク

ど~も よっし~です。

雨がたくさん降ったりと天気が不安定な日々ですね~。

最近は、外出もせずに家で集中できる事をやってます。

その一つが久しぶりにガンプラを作ってます(笑)

けっこう集中できるので、夢中になる人もいると思います。

今回は、その中でもパーフェクトグレードという、大きいガンプラを作りましたので、レビューしたいと思います。

・時間をかけてゆっくり制作したい方。

・大きいプラモデルを作りたい方。

・ハイグレードやマスターグレードをよく作るが、パーフェクトグレードに挑戦したい方。

そんな方の購入やどんなキットか、参考になれば幸いです。

では 紹介していく~。

PG 1/60 MS-06F 量産型ザクII 開封

最近は、ガンプラがけっこう再販されて在庫も、充実してきたと思います。

このパーフェクトグレードも再販になってるらしいので、興味もったら購入してみては。

かなり大きい箱に入ってます。

箱だけで幅を取るので、十分なスペースを確保してください。

価格は、13200円(税込)

中身はこんな感じです♪

ランナー数は、23個

その他は、リード線・スプリング・電気金具が入ってます。

説明書と解説書がありました。

解説書は、ザクについてかなりマニアックな内容でした。実際内容は読んでみて下さい。読んでから作るとより楽しめる。

このプラモデルを作る時は、ドライバー電池が必要になります。

メカニック部分の制作開始

最初の制作は、内部のメカパーツを制作していきます。

一部メタリックパーツがあるため動かした際に見えるようになってます。

関節等は、けっこう固めなので保持力は抜群にいいと思います♪

全部の内部パーツを作成するとこんな感じになります。

ヘッドパーツはスイッチがあり、切り替えると発光します♪

このヘッドパーツを制作するのが、一番手間でした。金具の接触で発光しにくいなどあり、四苦八苦してました。

対策として、電気金具等は少し緩めにビス留めすると、上手く発光できます♪

素組の完成

素組で製作すると、こんな感じになります。

色分けもほぼされているので、このままでも十分飾れるかなと思います。

内部構造を外して見せられるため、合わせ目が少し目立つかなと思います。

うまい人は、合わせ目消せるのかな。

デカール&スプレー仕上げ

デカールを貼っていきます。

デカールも大きいので、貼りやすいかと思います。

スプレーは、もちろんトップコート(艶消し)を使用しています。

少しシールが目立つかなと、上手く貼ってください。

保持力も強いのと、全体も重たいので簡単には、倒れないと思います。

ポージング

いくつか、ポージングをしてみました。

ザクマシンガンが大きく、少し重いので手の保持力が少し気になるところ。

手の部分もリアルですが、武器を持たせるには少し弱いかな~と。

ヒートホーク装備

ヒートホークは、保持力はいい方なのでポージングしやすいと思います。

ザクといったら、タックルシーンも再現できます♪

サイズ比較

一応、ハイグレード・マスターグレードを持っているので、サイズを比較してみたいと思います。

真ん中のマスターグレードも、大きい印象でしたが、パーフェクトグレードはさらに迫力あります。

ちなみに、製作時間はゆっくり制作して13時間くらいかかったと思います。

外出できない状況ですが、家で十分に楽しめる時間になると思います♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました