MG武者ガンダムMk-Ⅱ徳川家康Ver.を制作レビュ〜していく。細かなディテールと金メッキで高級感アップ♪

オススメ
スポンサーリンク

・マスターグレードを作って見ようかと思っている方。

・このキットに興味のある方。

・ガンプラを作ってみようと考えている方。

そんな方に向けて記事を書いています。

それでは、紹介していく〜♪

開封

今回のキットは、プレバンで購入した商品になります。

価格は、7334円(税込み)

開封した中身はこんな感じになっています。

今回のキットは、金メッキとゴールドのランナーが印象的♪

また、説明書は武者ガンダムMK=2になっています。

それでは、制作を開始していきたいと思います。

製作開始♪

頭部制作。

頭部は別の説明書があるので、それで組み立てられます。

胸部制作。

内部の構造も細かくディテールがありますね。

バックパックの制作。

一部パイプを再現するための、モノがあります。

※決められた長さがあるので、切るときは気をつけてください。

腕部制作。

金メッキも細かく入っているので、見栄えがいいですね。

最後に気づいたのですが、パーツを一部付け忘れていますので作るときは気をつけてください。

脚部の制作。

足からの制作になります。

ここで布製のパイプかな。をカットします。

足の部分が一番使いますので、長さを気をつけて取り付けていきます。

作ってみると複雑な構造をしているなと思う。

一通りパーツを組み立てるとこんな感じ。

一応、内部フレームみたいな感じなので撮影しました。

外装も制作。

こんなに輝く外装を、まだ作ったことないw

外装をつけるとこんな感じ。

腰部の制作。

スカート部分も、色分けパーツで再現されていつのが、いいですね。

今回のガンダムは、鎧をイメージしているため一つ一つが細かく、パーツ分けされているのが素晴らしい。

一通りパーツを組み立てたので、完成させたいと思います。

パチ組完成

輝く機体、かっこいい♪

このキット武装も豊富なんです。

これで完成でもいいのですが、デカールもあるので少しひと手間入れたいと思います。

最終仕上げ&ポージング

今回は、デカールがいくつかあるので貼り付けていきたいと思います。

貼り付けて、トップコート(光沢)を吹きかけるとこんな仕上がり。

関節部分は、和柄のシールを貼り付けています。ここが徳川バージョンの特徴ですね。

ポージングもいくつか撮影していますので、参考までに。

膝立ちも可能。可動域はまあまあです♪

終わりに〜。

今回のキットは鎧を着ているガンダムなので、ゴールドランナーと金メッキなど使われていつので、高級感があるキットだと思います。

可動域も膝立ちできるのでいいのですが、残念な部分も伝えると関節が弱く感じます。

股関節もポリキャップなので弱く感じました。

また、手首や指パーツも弱く思うので、そこは補強したほうがよいかと。

また、武器類も銃はダボ軸あるのに、刀・槍にはないので持たせようとすると、滑って落ちたりと若干残念な部分もありました。

今回のキットは、見た目は高級感ありキレイなキットになりますが、残念な部分も目立つキットかなともおもいました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました