機動戦士ガンダム水星の魔女より、HGシリーズ「ベギルペンデ」のガンプラをレビューしていく♪

オススメ

ど〜も よっし〜です。

今回は、最近発売された機動戦士ガンダム水星の魔女より、「ベギルペンデ」をレビューしたいと思います。

・ガンプラを作ってみたい方

・購入を迷っている方

・手頃な金額でガンプラを作りたい方

制作からポージングまでレビューしていますので参考にしていただければ幸いです。

では、いく〜。

スポンサーリンク

開封

今回のキットは、価格1760円税込み。

HGシリーズなのでお手頃な価格になっております。最近出たキットなので比較的入手しやすいかと思います。

ランナー数もそんなに多くなく、簡単に組めるキットかなと思います。

ランナーを見てみると、だいたいはベギルベウのランナーを流用していますね。

今回の新規としてベギルペンデランナーは、これだけでしたね。

その他の付属品。

デカールも付属しているため、簡単に色分けができますね。

制作開始(塗装)

本来は素組みをしているのですが、消費したいスプレーがありましたので塗装してから組み立てたいと思います。

使う塗料は、この2種類を使用していきます。

塗装前には、サーフェイサーを使用しています。

スプレー塗装をおこなう前の下地として、私は使用しています。

サーフェイサーを吹きかけると、こんな感じになります。

サーフェイサーが乾いたら、本塗装に入ります。

きれいに塗装できたかと思います。

組み立て

説明書は見やすいのでストレスなく組み立てができると思います。

クリアパーツを使用したりと、組むだけでも十分楽しめる。

組み立てをするとこんな感じに仕上がります♪

側面。

背面。

組み立て時間は約1時間位で完成するかと思います。

せっかくなので、これからスミ入れとデカールを貼っていきます。

完成

デカールは市販で売っているのと、他のガンプラで余ったのを使っています。

水転写式デカールは、初めてやる時はやりにくいですが貼っていくと慣れていきますのでオススメです。

スミ入れとデカールを貼り付けて最終仕上げはこんな感じになります。

側面。

背面。

武装を並べての撮影♪

水星の魔女シリーズのガンプラは、可動域が広いので膝立ちも可能♪

最後に装備をつけての撮影をしました。

スミ入れとデカール貼るだけでも印象が変わるので、オススメです。

アクションポージング

いくつか撮影したので、ご覧になってください♪

ケーブルと台座が付属しているので、盾もこのように飾る事ができます。

ガンダムアクションベースが売っていたりすうので、それがあるとなおいいと思います♪

サーベルを構えて。

最後はアップで撮影しました。

さいごに

今回のキットはランナー数も少なく説明書も見やすいので、初めての人には作りやすいキットになります。

また、可動域も広いのでガシガシ動かしてポージングを楽しめるかと思います♪

新作のガンプラになりますので、今は買えなくても再販がけっこうあるので買いやすくなる環境になると思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました