HGシリーズのガンプラを作る、ジオンの水泳部 MSM-10 ZOCK(ゾック)をレビュー♪

オススメ

ど~も よっし~です。

台風がめっちゃきてますね。

外に出れない時こそ、ガンプラ制作しています。

今回は、ランナー数も少なく、パーツも大きくて組みやすい、そんなガンプラを紹介したいと思います。

では、いく~♪

スポンサーリンク

開封

この異形なモビルスーツは、けっこう人気でなかなか手に入らないのが現状です。

定価 2750円

再販もしているのですが、自分もたまたま見かけたので、購入しました♪

中身はこんな感じになります。

ランナー数は、6個

HGシリーズをいくつか作ってきましたが、一番少いキットだと思います。

パーツも大きい♪

珍しく、デカールも入ってませんでした。

制作開始

パーツが少いのと、パーツが大きいので失くす心配もないかと。

上半身は、メカニック部分も再現されています。

パーツも数個で、出来てしまうので簡単に組むことができます。

メインカメラ部分は、フィルムを挟んで組むので、リアル感が出ています♪

素組完成

素組が完成しました。

素組は1時間くらいで組めるので、時間ない人も簡単に制作できます。

横の状態もこんな感じです♪

画像みてわかるかと思いますが、このモビルスーツは、両面一緒の作りをしています。

この格好でどう、ガンダムと戦ったのか気になりますが。

汚しに挑戦、完成しました♪

今回は、トップコートを吹きかけるだけでなく、汚し(ウェザリング)をしていきます。

そのため道具を購入しました。

使うスプレーは、半光沢のトップコート。

ペンは、ガンダムマーカー(ブラウン)

また、少し印象を変えたかったので、他のガンプラで使うデカールを使用しました。

トップコート吹きかけます。

今回は、少し薄めに吹いています。

吹きかけた後は、マーカーで汚していきます。仕上がりはこんな感じです。

古めかしい感じに仕上がったかなと思います。

アクションポーズ

今回のキットは、下半身の可動が狭いので上半身の可動ポーズをしています。

両腕が上がり、爪をめいいっはい開いてます♪

アングルによっては、カッコよくきまります。

爪も細かく可動します。

このキットは、異様な形のモビルスーツですが、ガンプラ好きからも人気キットになります。

もし、見かけたら是非買って楽しんでみては、いかがでしょうか♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました