ギャンの量産型!?水星の魔女よりHGシリーズ「ハインドリー」をレビューしていく〜。

オススメ

ど〜も よっし〜です。

季節も暖かくなってきましたね。

今回は、2023年2月18日に発売された。水星の魔女に登場するキット、ハインドリーを紹介していく♪

・手軽にキットを作りたい方。

・量産型のキットに魅力を感じる方。

・素組みでサクサク作りたい方。

そんな方に向けて、紹介していこうと思います♪

では、いく〜。

スポンサーリンク

開封

ランナーの数はこんな感じになっています。

この写真を見る限り、そこまで多くない感じがしますね。

サクサク作れるかなと思います。

価格も、1760円税込み。家電量販店でも大量にあるので、もう少し安く買える可能性があります。

シールも付属。

それではゆっくり制作開始♪

制作

ランナーも、アップで見てみるとキレイですね。

頭の制作。頭のパーツは小さいので、パーツの紛失に気をつけてください。

ここでは、シールを一部使用します。

目の部分とアンテナ部分に貼り付けします。

アンテナのシールは上手く貼らないと、ボコボコになってしまう可能性があるので、慎重に貼り付けが必要。

後ろにもシールを貼り付けていきます。

アンテナ下の紫色をしている部分が、シールを貼る位置になります。

非常に小さいので、ピンセットが必須になります。細かくて目が疲れる。

頭の部分は、シール含めてすぐに完成しますね。

次は、胴体部分を製作していきます♪

3箇所の白い部分は、シールの貼り付けをおこなっています。

上のパーツをドッキングするとボディが完成します。

製作時間も20分位で作れたかと思います。

腕の製作に入っていきます。

肩周りのパーツも少しシール貼り付けがあります。

腕は基本の作りは、他のキットと一緒でしたね。

足回りも製作。

足が完成しましたが、太ももすこし太い印象がありますね。

本体はほぼ製作が終わったので、バックパックと武装の製作になっていきます。

バックパック。

少しゲート後が残ってしまっていますので、気になる人はヤスリがけしてもいいかもです。

武装。

円盾と長い剣が特徴の今回の機体、アニメでどう動くのか気になるところ。

素組み完成

本体とバックパック等を装備するとこんな感じに仕上がります。

水星のキットは、物によるけど太ももが太い気がするのは、私だけ?

アップにして撮影してもいい感じになります。

側面。

盾もシンプルなデザインになってますね。

背面。

バックパックは単色なので、スミ入れしてもいいかもです。

素組みでも色分けされているので、楽しめるキットになっていますね。

最終仕上げ

シンプルなデザインなので、デカールやスミ入れして印象を変えてみようと思います。

今回使うのは、ハイキューパーツのコーションデカール830円

水転写式は大変ですけど、撮影したときは余白が目立たないのでオススメです。

今回は、トップコート(半光沢)で仕上げてこんな感じになりました。

側面。

背面。

アップで。

アクションポージング

今回のキットも足回り等、よく動くので様々なポージングが楽しめると思います。

膝立ちも可能♪

武装の構えいくつか撮影♪

足首も良く動くので、踏み込みもいい感じ♪

感想

最近発売されたキットなので、手に入りやすく簡単に組み立てられると思います。

また、関節部分にも干渉することもないので、スムーズな可動域を実現できています。

このキットが、アニメでどう動くのか楽しみですね♪

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました