『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』に登場する「イモータルジャスティスガンダム」HGシリーズで登場。さっそくレビューしていく♪

オススメ
スポンサーリンク

・ガンプラを作ってみようと考えている方。

・映画を見てこのキットを買うか考えている方。

・プラモデルを趣味にしてみようと考えている方。

そんな人達に向けて記事を書いています。

参考になれば幸いです♪

では、紹介していく〜。

開封

今回のキットは、2024年1月26日に公開された映画『機動戦士ガンダムSEED FREEDOM』に登場する機体となっています。

ガンダム好きには、待ちに待った映画なので公開日は人がすごかったようです♪

このキットも映画に合わせて、大量に発売されたキットになります。

予約しなくても、買えた人も多かったかも。

価格は、2,640円

開封するとランナー数は、このくらい。

袋からあけてパーツを見てみます。クリアパーツは、少し柔らかい素材でしたね。

シールも付属しています。

シールも少ないので、初めて作る人でも安心。

今回のキットのポイント♪

シードアクションシステムが、今回のキットにはあります。

アクションポーズに特化した内部構造になっているため、可動域がいいらしい。

さっそく、パーツごとに作っていこうと思います。

各パーツ制作

頭部

アンテナの破損に注意しながら作ります。

胸部

しっかりとパーツ分けされているため、素組みでも十分なでき。

腕部

腰部

脚部

足は細い感じがしますね。

本体のパーツは完成したので、武装・バックパックの制作していきます。

サイドにはソード系の武装がつけられます。

シールド

ライフル

バックパック

すべてのパーツを組み上げると、こんな感じ。

素組み

正面

背面

少しスミ入れと、トップコートしていきたいと思います。

完成とポージング

ポージングもいくつか紹介していきたいと思います。

今回のキットは、最初にもお伝えした通り可動域がいい♪

肩周りが前に可動します。

股関節部分も下にさげると可動範囲が広がります。

それでは、いくつか撮影しようと思います。

足にも、エフェクトが取り付けられます。

蹴り攻撃も再現可能♪

躍動感ゼロですけどねw

今回はシールドも武器として使用できます。どういうシーンでシールドが飛ぶのか気になるところ。

両手にブーメランを装備してポージング、やっぱいいですね。

そして、今回のキットはMA形態にもなれるという、面白いキット♪

少し変形過程も撮影。

バックパック部分のパーツを取り外して取り付けます。

ウィングの部分の位置を変えていきます。

ビーム砲になるので、引き出す必要があります。最初はわかりずらい。

最後に盾とライフルをドッキング♪

これで飛行形態完成♪

おわりに

今回のキットは、作りやすく初心者でも簡単に作る事ができると思います。可動域も広がり躍動感のあるポージングが楽しめます。

気になる部分としては、ポージングをする際にブーメランを装備している腰パーツが外れやすいのが気になる点。

MA形態にする際にもパーツを外して顔に挟むようにパーツを取り付けるのですが、MA形態からもとに戻す際に外しづらく他のパーツが取れたりするのが、少し残念かなと思いました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました