千円台で買えるキットなのでガンプラ始めるのに最適、HGメカニクス1/550 ヴァルヴァロをレビューしていきます♪

オススメ

☆ガンプラを始めようとしている方

☆どんなキットを作ろうか悩んでいる方

☆簡単に作れるキットを探している方

そんな方に向けて記事を書いています。

ど〜も よっし〜です。

今回は、ガンダムベースでゲリラ販売されたキットを紹介したいと思います。

価格も1100円(税込み)

手頃な価格なので、ガンダムベースに行くことがあったら購入してもいいキットかなと思います。

では、紹介していく〜♪

スポンサーリンク

開封

箱の中身はこんな感じになっています。

ランナー数もそんなに多くないですね。

このキットは一部接着剤が必要ですが、本体を作る分には接着剤は必要ないですね。

では、製作していく〜♪

製作開始

今回のキットは赤が特徴のキットなので、持っている塗料でよりキレイにしようかと思います。

使う色はコチラにしようかと思います。

素組みでもいいですが、スプレーするだけでもキレイに仕上がります。

アップにするとこんな仕上がり。

あまり写真だと違いがないですが、光沢が出てキレイになりました。

本体になる部分を作成していきます。

バーニアの取り付けをしていきます。

そして、このキット特徴のクチバシ。

サイドパーツの取り付けを行ないます。

顔にあたるところを取り付けていきます。

メインカメラなどは塗装が必要ですが、ほぼわからないので必要ないかと。

翼にあたる部分を製作していきます。

本体に取り付けて、ほぼ完成に近くなります。

完全に飛行機みたいな形ですね♪

最後は腕を製作して完成します。

腕の長さを調節できるパーツはあるので、お好みで選択できます。

腕を取り付けて完成になります。

完成

一通り組み終わったらこんな感じになります。

背面。

側面。

上から撮影。

※白いMSが2体ありますが、これも付属しています。この小さいMSは接着が必要となります。

アップにすると組み立ては、こんな感じになります。

小さいけどクオリティーが高い、塗装したい人はチャレンジしてもいいかも。

素組みでも十分ないいのですが、デカール等をしようしてディテールアップしたいと思います。

最終仕上げ

デカールとスミ入れ(リアルリタッチマーカー)をおこなって完成させました。

いくつか撮影したのでアップしていきます。

側面。

後ろ。

上から。

アップ。

リタッチペンはラインをぼかしたりできるので、少し汚れた感じにもなりました。

感想

今回のキットは、ガンダムベースで千円代で買えるのでお得だと思います。

また、短時間で組み立てることもでき素組みでも十分にクオリティがありますね。

そして、初心者の方でも組み立てやすいのでガンダムベースで、売っていたら手にとってもいいキットだと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました